愛車のekワゴンも今や7年物。ついに買い替えを決

車の下取りで気をつけるべき事は、自動車税の還付に関し

      車の下取りで気をつけるべき事は、自動車税の還付に関し はコメントを受け付けていません。
車の下取りで気をつけるべき事は、自動車税の還付に関してです。



これについては、販売業者により違うようです。



普通はきちっと説明してくれます。



実際、排気量が大きめの車では、数万は取られますから、、軽視しないべきです。



逆に、軽だとすれば数千円のことですから、大して、気にすることもありません。



愛車を査定に出したら、契約した後に減額されたり、他にも取引後に突然減額されたという噂を時折耳にします。



一般的には、車の引き取り後には取引をしないというのが常識でしょう。



売買契約書に判子を押してしまう前に、減額するときがある、と説明されていたかどうか、それに、どんな理由から減額をしたのかなどで相手に求められる対応は変わることになります。



ただし、どのような理由があったとしても、自分自身が納得できないのなら買取をやめてもらい、一度考え直すのが一番だといえます。



中古車買取会社に査定を依頼する際には、車検証、及び、自動車納税証明書を用意してください。



そして、車の内外をもう一度見直しましょう。



ひっかき傷程度は自分で補修し、ワックス掛けや内装の掃除も入念にすることをオススメします。



いわゆる改造車だったら、できる限り、買った時のようにして、メーカー純正パーツに替えた方が有利です。



査定の少し前からタバコを吸わないなど、ニオイにも注意を払いましょう。