車を査定してもらうときには車検証だけあれば良いのですが、実際に売

所有者の違う車を売却する場合、

      所有者の違う車を売却する場合、 はコメントを受け付けていません。
所有者の違う車を売却する場合、どういった、必要書類をそろえれば良いのでしょうか。



一般的には車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などの書類が必要となります。



あとは、所有者の同意書、後、委任状や譲渡証明書なども準備しておく必要があったりします。



自分の車を売売却するときに比べれば、多少面倒でしょう。



中古車査定をしてもらうためには、買取会社やディーラーに車を持って行きます。



そして、実物の車を見ての査定を受けます。



ですから売却するまでに、何社かの査定を受ける事が望ましいです。



とは言え、大まかな査定額があらかじめ分かっていれば助かりますよね。



メールオンリーでの連絡が可能な業者を調べてみたら、意外と多くの業者が対応してくれるようです。



無料で出来るところが多いので、一度メールを送ってみてはいかがでしょうか。



買取の値段はどの業者を選ぶかで変わり、事によってはその差がものすごい金額になってしまう場合もあります。



一つの会社だけに査定に出すことをやめた方がいい訳がこういう理由からです。



何社かの買取業者へ査定してもらいたい時には一括で査定可能なサイトが今はありますので、さほど骨の折れることではありません。