トータルの走行距離が10万キロをオーバーしている車

過去の修復歴は、車を査定するうえで重要な確

      過去の修復歴は、車を査定するうえで重要な確 はコメントを受け付けていません。
過去の修復歴は、車を査定するうえで重要な確認点となります。



骨格の修理や交換をしたことがある車は、非常に低い評価となります。



たとえそれがわかっているにしても、隠せるものではないので、正直に話をしてください。



隠したり嘘をついたりすると印象を悪くしてしまいますから、正直なことを伝えましょう。



車査定を依頼する前に、車体についている傷は直しておく方がよいのか気になることですよね。



自分ですぐ簡単に直せる程度の多少の傷だったら、直した方がよいと思います。



でも、自分で直せない大きい傷の場合は、修理の依頼はしないでそのまま車の査定を受けた方がベターです。



中古車買取会社の査定を受けようとする時に知っておくとよいことですが、まず買取業者は一社ではなく複数使って査定を受けるようにし、洗車と車内の掃除も行なっておき、加えて、車検証や保険証書(自賠責)など必要書類は用意をしておきましょう。



そして、先々、変に話が拗れたりすると困るので、事故を起こして修理したことなどは率直に告げておくのがルールです。



仮に業者の提示する金額に納得がいかないならもうそこでは売らず次に行きましょう。