半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、車検が終了している自

中古車の査定で、契約をした後に突然減額さ

      中古車の査定で、契約をした後に突然減額さ はコメントを受け付けていません。
中古車の査定で、契約をした後に突然減額された、他にも引き取った後に減額する事を言われたという話を時折耳にします。



車の引き取り後に減額をするのは、おかしな話です。



売買契約書にサイン、もしくはハンコを求められる前に、取引後に減額される可能性を指摘されていたか、それに、どんな理由から減額をしたのかなどで相手に求められる対応は変わることになります。



ただし、どのような理由があったとしても、自分自身が納得できないのなら買取をやめてもらい、一度考え直すのが一番だといえます。



車を買い取ってもらう際の大体の流れは、最初にネット等で一括査定を申し込みます。



そうすれば、中古車買取会社から入力情報を基にした査定額が表示されるので、査定額が高かったり、信頼できそうだったりする業者に実際に査定してもらいましょう。



査定の額が充分であると思ったら、契約をして車を買い取ってもらいます。



代金は後日に振り込みされることがほとんどです。



中古車業者のいくつかに愛車の査定をしていただきました。



その中で、ガリバーが最も高額買取価格を示してくれたので、この業者に買い取ってもらうことを判断しました。



まずはネットで車査定し、愛車をその上で別の日に、店舗に持っていったところ、ネットでの査定よりも高い金額を提示されたため、その場で売却を決めました。