ネットの車査定サイトで査定の申し込みをすると、業者から営業電話が

車買取業者に中古車を売却した時には、自賠責保険での

      車買取業者に中古車を売却した時には、自賠責保険での はコメントを受け付けていません。
買取業者に中古車を売却した時には、自賠責保険での、返戻金をもらえます。



これについては、自賠責保険の有効期限が1ヶ月以上残っているなら、還付の対象です。



車の永久抹消登録をする場合など、契約している自賠責保険会社より返金が受けられます。



もったいないのですから、車を手放す場合には、還付金を忘れずに受け取るようにしてくださいね。



車の買取で難しいのが低年式車の扱いです。



古くても売れる車種というのは限られていて、それも業界で言う「新車同様」「極美」レベルなら買い取りしてもらえる可能性があります。



しかし、複数の会社からの査定で値段がつかなかったような車は、どの業者も高値では引き取らないと思います。



というのは、業者同士でも中古車の取引が行われており、査定で値がつかない車は在庫に直結してしまうからです。



そういう車は個人売買が向いていると思います。



売主側のほうでも魅力をアピールでき、営業マンの目線ではなく「買いたい人」の判断になるため、買取査定時より高い値段がつく可能性も充分考えられますから、手間はかかりますが、カーオークションサイトもありますし、様子見で回ってみるといいでしょう。



買取では、改造車は決して高くは評価されません。



大きな買取業者の場合、車にメーカーオプションやディーラーオプションが装備されていると高く評価されます。



需要があるのはサンルーフや純正ナビ、革シートなどで、これらは査定で高く評価されますが、しかし、車高調整や社外アルミ、エアロなどの改造はあまり高い評価にはなりません。



売りたい車がスポーツカーなら、専門店が最も高値を付けてくれるでしょう。