故障や事故で修理をした車の履歴は、嘘をついて査定に出した

詐欺まがいの悪質な業者には注意しまし

      詐欺まがいの悪質な業者には注意しまし はコメントを受け付けていません。
詐欺まがいの悪質な業者には注意しましょう。



他よりも高額な査定金額を提示して契約を結び、あれこれと理由を付けて当初の金額よりも大幅に減額して買い取ろうとしてきます。



そんな金額では買取には出せないと言うと、車は既に輸送済みだなどと言って、運送料や保管料などの名目をでっち上げてお金を請求するという手口も確認されています。



その他にも、車の受け渡しをしたのに買取代金の支払いがなかったというケースも少なくありません。



車にできてしまった傷や故障は、基本的には修繕せずに査定に提出するようにしましょう。



傷や壊れた個所があれば、その評価分金額は低くなってしまいます。



しかし、気になる大小関わらず傷や故障は、買い取ってくれる会社が自社で整備、壊れた個所を修繕したりするので、評価する前に直しておく必要はないのです。



マイナス査定で減らされる金額よりも、直す金額の方が高額になってしまいます。



誰でも車の査定では、可能な限り高値をつけてもらいたいものですが、そのための話の進め方がありますので、簡単に説明します。



最初にやることは、いくつかの買い取り業者に目星をつけて、そこから、見積もりをもらいましょう。



この時点ではまだ、価格交渉はしません。



出してもらった金額の、一番高いところを基準にして価格交渉をしてみます。



これがうまくいくと、見積もりで出た最高額以上の値段を業者から引き出せることもあるでしょう。



ですが、値をつり上げようと何度も繰り返すと、本気で売る気はなさそうだと思われてしまうこともあり、それは都合が悪いですから、その辺の対応には注意が必要です。