ホンダフィットは、低燃費というメリットをもちながらも、

業者による車査定を受ける場合、まず、

      業者による車査定を受ける場合、まず、 はコメントを受け付けていません。
業者による車査定を受ける場合、まず、走行距離を確認されるでしょう。



中古車を査定するにあたって、一番重要になるのが走行距離です。



実際に10万キロを超えてしまった車でも売ることが出来るかは、車種や年式などによって様々ですが、はっきり言って、難しいです。



ですが、軽自動車は購入希望者も多いですし、あるいは、希少価値があり、マニアが欲しがるものであれば、査定額が上がることもあるようです。



車査定を頼む前に、車体の傷は直す方がよいのか気がかりですよね。



簡単にすぐ自分で直せる程度の小さい傷であるなら、直しておいた方がよいと考えられます。



しかし、自力で直せない大きな傷の場合は、修理に出すことなくそのまま車の査定を受けた方がベターです。



自家用車の買取そのものには手数料やサービス料などはかかりません。



しいて言えば、車の名義変更に伴う費用でしょう。



もし買取業者さんに代行してもらうのなら手数料をいくらか払う必要があります。



払うくらいなら自分でするという人もいますが、新しい所有者が揃える書類(車庫証明等)も必要ですし、お互いに予定の調整や連絡が煩雑になることから、結局は依頼する人が多いです。



代行手数料は査定金額と相殺してもらえるなら現金のやりとりは必要ありません。



相殺しないときは契約書を記入したときに別途支払うこともあります。



定価はありませんが、ここで利益を出そうという業者はいないので安心してください。



それと、売却には所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、印紙代として数百円ほど必要になります。